少しでも医療費を削減するために

今の医療制度に大きな希望を抱いている方が実に沢山いらっしゃることでしょう。その医療制度に随分助けられた方は数多く、これから日本を生きていく子供たちのために無くてはならないものだと感じます。今の医療制度で助けられていく方が増え続けるかぎり、その医療制度はなくてはならないものという認識を持ち続けていきます。今の医療制度では子供の医療費がほとんどかからないようになっているため、医療費を心配することなく安心して子育てをしていくことができます。今の日本の医療制度はまさにすべての人に対する救いの手だと思い、その医療制度が子供に希望を与えていることを肌身に感じています。
ただ、手厚い補助をすればするほどかさんでいるのが国の医療費。医療費の問題が解消されることで、今以上に子供にとって有利な医療制度になっていくでしょう。今かさんだ膨大な医療費のツケが今の子供たちにくるのであれば元も子もありません。このまま維持していくと、財政が崩れてしまうということは常にいわれています。このありがたい医療制度を保っていくために私たちができることはなんでしょう。医療制度の体制を変えることはこれからかなり時間がかかりますが、とにかく私たち個人ができることといえば、なるべく健康的な状態を保ち、医療費を増やさないことです。また、余計な治療費をかさませないことも重要です。できるかぎりスピーディーに完治させるためには、水準の高い医療技術を提供できる環境を整えることが求められます。そのために第一に必要だと考えられるのは、やはり医師・看護師の数を安定させること。医療従事者が増えればすべての人に十分なケアを施すことができます。世間においても、「医師」というのはどこか敷居が高いイメージだったり、看護師もそう簡単な仕事ではないことが周知されています。もう少し医療従事者への入り口を広めたり、医療の仕事に興味をもたせる活動を広めていくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15